カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

活蟹をさばくのにはコツがいります

活蟹をさばくのにはコツがいります。

以下の点に気をつけてください。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。

そして、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

かにって本当に美味しいですよね。

自他共に認めるかに好きの私は、四六時中かにが食べたくてたまりません。

そこで通信販売でもかにが買えると知り、初めて思い切って注文してみましたが、あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。

今まで全く知りませんでしたが、結構長い歴史があるらしく、私が生まれる前から産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。

その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、利用されているという話を聞くこともほとんどなかったので、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、あまり味に満足できないことが多いと聞いていたので不安の方が大きかったのです。

とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。

これを食べないのは損だと思いますよ。

今は、通販で多くの種類のかにが買えるものの、タラバガニは屈指の人気ですが、大事な点を一つお教えします。

タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。

ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。

注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニばかりだったという深刻な話も時々聞きますから、まずは口コミなどをよく調べ、よく知られたお店から買うのが無難です。

セコガニとはズワイガニの雌のことです。

場所によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。

それに比べて、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、むしろ、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。

安価で蟹を楽しみたいのならば、ツアー企画で、日帰りで蟹食べ放題が楽しめるというものが存在しています。

ぜひこちらの利用を勧めます。

何故かというと、実際にこの方法で蟹を食べたとします。

すると、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりも明らかに安く蟹が食べられるからです。

さらに、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、価格または量といった点だけでなく、質の良さも申し分ないはずです。