カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ズガニと呼ばれている蟹がいます。この蟹の正式名称は

ズガニと呼ばれている蟹がいます。

この蟹の正式名称はモクズガニです。

モクズガニという名称ならば聞いたことがある人は少なくないでしょう。

この蟹は河川で水揚げされ、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。

甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、にもかかわらず、脚の方に着目すると、長いことが特色です。

主として蟹のお味噌汁、あるいは炊き込みご飯として好まれています。

活蟹をさばくのにはコツがいります。

以下の点に気をつけてください。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れる。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないのではないでしょうか。

他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見ればいいことずくめのように見えます。

でも、考えなしに利用するのはよくありません。

常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、通販のていを装った詐欺だったりするリスクを孕んでいることがあります。

口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから購入を検討するべきです。

さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販は年々進歩しています。

かにの産地や業者に詳しくない方は多くの品の中から、どんなかにを選べばいいのかと結局選べずに終わるのではないでしょうか。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも時間と手間の節約になります。

みんなが太鼓判を押すようなかにはさすがというべきか、どこでもランク上位に選出されています。

当然です。

かにの通販はおいしいことばかりではないようです。

例として、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。

かにを実際に見ながら買ったとすれば、買いつけのときは夢中でも、会計の時に現実を知って、食べきれる量しか買わないのが普通です。

けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、宣伝にのせられて買ってしまい、近所中に分けても、まだ余るほどの量だったということは噂で時々聞きますので、どんなおいしいかにでも、買って後悔しないようにしたいですね。