カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべ

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

選び方が違った場合には、蟹の元々の良さを味わうことができません。

蟹を美味しく食べるには、選び方が大事です。

いいタラバ蟹の見分け方、それは調べるべきことは重さがどうなのかで、必要不可欠な判断基準です。

そして、汚れのない甲羅ではなく、汚れており、かつ硬いもの、これがいいです。

多くの方がかにの本場として挙げるのは、北海道、そして北陸でしょう。

北陸ならかにと温泉を一緒に楽しめます。

有名な観光地の一つが粟津温泉で、かにをふんだんに使った料理を食べるためにかにのシーズンには、全国から多くの客が続々と集まっています。

粟津温泉で食べられるかにはズワイガニで、加能がにというブランドです。

ふっくらして濃厚な味の身です。

かにを求めてこの地を訪れる方は、最高の地だと言えます。

賢く使えば大変便利な蟹通販。

しかし、もちろん欠点もあります。

それは、購入時の事前情報が写真や文章しかないということがまずあるでしょう。

蟹を買う際には身入りなどが気になりますが、実店舗ならそれを確認できますし、その場で試食させてくれる店舗も多くあります。

蟹の茹で方、塩加減などでも味が変わってくるため、自分にとって「アタリ」のお店を探すことも出来ます。

しかし、通販ではそれはできません。

蟹通販は確かに手軽で安価ですが、一方では実店舗では当たり前にできることが出来なかったりもするのです。

調理前の冷凍かには丸ごとのことが多く、外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、適当に解凍すると、かにのおいしさは損なわれるので焦らずゆっくり解凍しましょう。

かにのおいしさを損なわないために第一にやるべきことは室内に出して解凍するのではなくまずは冷蔵庫内で解凍するということです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、しっかり覚えておいてください。