カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

皆さん、どんなことに気をつけてか

皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。

一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。

入れすぎると身が硬くなるので、塩が入っているという程度のゆで汁で結構です。

大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。

全てお湯に浸るように注意しましょう。

お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと食べるときに楽ですよ。

実際に蟹通販を利用する場合、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、あれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、考えている食べ方によって変わります。

たとえば、蟹鍋であれば、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。

蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。

以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、蟹通販の便利さがさらに引き立ちますね。

モクズガニはズガニと呼ばれることがあります。

正式名称はモクズガニの方です。

モクズガニというとご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。

モクズガニ漁は河川で行われ、特色は鋏に生えた毛です。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、そうである割には長めの脚をしています。

殆どがお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。

意外と知られていないことですが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。

省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないという取り決めになっているのです。

蟹の旬を逃さないためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことを意識してください。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。

同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、かにも、こんなに色々あったかと思うほどの豊富さです。

これだけのお店やこれだけのかにの中で今食べたい旬のかにを選ぶのは、楽しい作業ではありますが難しくもあり、終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。

では、達人の意見を参考にしてみましょう。

基準となるのは人気です。

行列店と同じで利用者が多ければ多いほど売れ残りが発生しづらく新鮮なものを扱えるので、それを基に選ぶのです。

当たり前のようですが、良い品をゲットするためのそれこそがポイントになります。

売れ筋や人気などが一目で分かるランキングを見るのが近道です。

最初はそんな方法で探しても、、色々なお店を利用してみれば、ランキングに表れない良さや自分の嗜好にあったかにが思いもかけないお店でわかってくるはずなので、きっと、世界一美味しくて自分に合ったかにと販売店に出会えるはずなのです。