カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹通販が一般的なものになった現在では、お店で売っている

蟹通販が一般的なものになった現在では、お店で売っているのと変わらない蟹を注文できます。

あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。

しかし、現在では蟹通販を扱う業者も昔と比べて大幅に数が増えていますから、どこの業者を利用するかは気をつけて選ばなければなりません。

せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。

そのためには、産地直送の業者を選びましょう。

そうすればハズレはありません。

蟹通販のカナメは業者の選定に尽きます。

業者によって、蟹の質も大きく変わります。

業者選びは妥協しないようにしましょう。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。

高嶺の花だったかにを身近な存在にしてくれるのは、リーズナブルな値段で高品質のかにを提供してくれるお店です。

たっぷり食べたくて我慢できない。

そんな時にはかにを通信販売で買うのがいいと聞いたことがあり、試してみました。

かにって通販で買うのが一番いいと言うのは、私なりの根拠があるのです。

ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、通販なら特筆物の鮮度のかにがいつでも購入できるのはうれしい限りですね。

加えてスーパーよりもお得な産地価格で、良心的価格実現が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。

不定期ですが、見たこともないようなかにを提供してくれる時もあるので、予約してみるといいでしょう。

一般的な活かにのさばき方は、まず、洗って真水に30分くらいつけます。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

甲羅と半身を分けます。

それぞれをしっかり持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。

胴に残った黒い部分を取り除いて、かに味噌だけにしておきます。

脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。

殻に切れこみを入れたり、殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。

あとは実践あるのみです。

がんばってください。

美味しい蟹が食べたいですよね。

私も蟹が好きなので、通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。

しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。

お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。

業者に量をゴマカされてからでは遅いです。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

解凍は急がず、十分慎重に行うことが大事です。

解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。