カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

多くの方がかにの本場として挙

多くの方がかにの本場として挙げるのは、北海道もあり、北陸地方もあります。

北陸にはかにを堪能できる温泉も多く、粟津温泉をすすめる方は多く、かにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めて冬は特に、全国からの観光客がこの温泉を訪れます。

このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。

かにのシーズンにとれたてを味わいたい方は、最高の地だと言えます。

「蟹を食べたい、でも高い!」そんな時お得なのは、日帰りカニ食べ放題ツアーが最もいいと思います。

なぜならば、この方法を使って蟹を食べた場合、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりも明らかに安く蟹が食べられるからです。

それだけではなく、このようなツアーは美味しいカニが楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、価格や量のみならず上質であるということにも納得できると思います。

自分の周りでも、かに通販でかにを買うのが当たり前だと当たり前のように考えています。

それはどうしてかというと、宅配便で冷蔵でも冷凍でも全国に届けられるようになり、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。

通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、かにがおいしいシーズンになったらスーパーやデパートに行く気はなく、まずはかに通販、が当たり前になっています。

あらゆる蟹の産地の中でも、最もよく知られているのは、なんといっても北海道です。

色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、そうしたケースを差し引いても、トータルでは北海道に勝る土地はないと私は思っています。

しかし、そうは言っても、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースも多くあります。

よく見て選びたいですね。

蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。

人気の蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。

タラバガニの仲間に分類される花咲蟹は、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。

しかし、身肉には意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。

夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であるといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。