カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

通販でかにを買う方にはタラバガニは屈指の人気で

通販でかにを買う方にはタラバガニは屈指の人気ですが、購入するときには気をつけてください。

アブラガニをご存じでしょうか。

タラバガニにそっくりな見た目で、小さな写真では区別がつかないのです。

タラバガニと紛らわしい表示で、よく見たらアブラガニだったという信じられない話もありますので、まずは口コミなどをよく調べ、お店の評価もしっかり確認してください。

ギフトとしても人気のある蟹。

家族や友人知人に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。

しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。

蟹は鮮度が第一です。

鮮度が悪いとそれだけ美味しくなくなりますし、モノによっては、食べるとお腹を壊してしまうことも。

そのような危険を冒さないためには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて送ることが、相手に対する思いやりでもあります。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるというのが捌き方の基本手順です。

ズワイガニの選び方は、何が大事でしょうか。

誰でもズワイガニを選ぶとき脚が長くて、全体も大きければよしとして決めていることが多いでしょう。

大きさはもちろん気になりますが、もっと別のことを強調したいのです。

持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。

見た目が立派でも、中身のないかにだったという話は他人事ではありません。

持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。

中華料理、いろんなメニューがありますよね。

そんな中、上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。

上海蟹とは、淡水蟹のうち、中国でも揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、どんな季節に行ったとしても楽しめますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、極上の味として貴重な一品です。