カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

モクズガニはズガニという名前でも呼ば

モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。

どちらかというとモクズガニの方が分かる人もいるでしょう。

これは河川で漁獲されるカニの一つで、毛の生えた鋏がトレードマークです。

甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、それにしては脚が長いことが特徴です。

多くは蟹のお味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。

そして、蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。

寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲らないのは、かにですね。

かにの出荷量1位を誇る地域から、小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。

様々なかにを扱う通信販売では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、そんな人にいいことを教えてあげましょう。

注意点がこれだけあるということです。

教えるまでもないかもしれませんが、産地は当然こだわるべきです。

産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。

産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。

更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。

かには食用だけでも数え切れない種類があり、一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

次に、毛蟹もよく見かけるかにで、触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がお好きな人にはたまりません。

味ならズワイガニが一番、といわれるくらいなくてはならない存在です。

どのかにも、独自の味わいがあり、それぞれに好きな方がいます。

蟹通販で蟹を取り寄せるなら、活蟹やボイル済のポーションなど、どの種類を選べばいいか悩んでしまう人もいるでしょう。

どちらがいいかは、蟹をどう食べたいかによるとしか言いようがありません。

代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。

また、蟹しゃぶで味わいたい方は、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。

どのタイプがどんな調理法に最適か把握しておけば、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。