カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

多数の業者から選べるのがネット通販の利点で

多数の業者から選べるのがネット通販の利点ですよね。

蟹通販の利用時にも、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、どのような業者を選べばいいのでしょうか。

本当に信用できる業者であれば、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、蟹の産地まではるばる、買い付けに行き、専門家のお眼鏡にかなった商品だけを仕入れてくるので、消費者としては安心です。

いい買い物をしようと思えば、品質重視の業者を探すことが重要だといえます。

良い業者を選び、美味しく蟹を味わいましょう。

蟹は家族の食卓にも最適ですね。

蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。

甲羅を含まない脚だけのセットや、傷物のワケアリ品などが一般に安価だと言われていますが、それなりの品種と大きさで妥協すれば、丸ごとでもリーズナブルにお求めできるものが実は多いのです。

何といっても、蟹の旨みを味わうためにはたっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。

この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

ある場所では、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

それに比べて、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえバランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、むしろ、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

中華料理は数あれど、中でも特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国全域で漁獲される淡水蟹の中でも、揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、極上の味として貴重な一品です。

かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。

安く大量に買うと、危険なことがあるのです。

通販で買った毛蟹はとてもおいしく、彼女と二人、全部を一気に食べていると、身体が冷えてくるのがわかりました。

それでもやめられません。

最後まで食べようとしていたら、寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。

皆さん、おいしいかにがたくさん手に入っても、たくさん食べると、冷えて体調を崩すことがあります。

少しずつ、味わいながら食べてください。