カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ネット通販が一般化した現代。皆さんの中

ネット通販が一般化した現代。

皆さんの中には蟹通販を利用したことがあるとか、知人が買っていたとかいう方もいるでしょう。

とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのかどうしても疑問が残るという人もいるでしょう。

ほんの十年ほど前であれば、通販は店頭販売より一段劣るものといわれ、通販で良い蟹が買えるという話はほぼ有り得ないものとされていましたね。

一方、近年では、昔はなかなか買えなかった、産地直送の新鮮な蟹を通販で買うことができるケースも珍しくありません。

テレビなどで美味しそうなカニ料理が出てきたりすると、無性に食べたくなって困りますね。

かにを注文しようとサイトをチェックしても通販会社がズラリ軒を連ね、かにも、こんなに色々あったかと思うほどの豊富さです。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

決めるに当たっては迷ってばかりいても仕方ないのでしょうが、どう選ぶかは、人任せ、つまりみんなが行くお店が信用でき、みんながおいしいと食べるかにが一番美味しいと言うわけです。

一見当たり前のことを言っているだけのようですが、真理とはいつもそんなものかもしれません。

人気が一目で分かるランキングや売れ筋のランキングなどは大変参考になるでしょう。

何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、ランキングに無関係な自分なりの基準がわかってくるはずなので、きっと、世界一美味しくて自分に合ったかにと販売店に出会えるはずなのです。

上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと主役級の存在感で、世界有数のブランドがにです。

チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で結構、生息地域は広いようです。

その生命力は強く、雑食で在来生物の脅威となることもしばしばです。

放置すると拡散の可能性が大きいので、このかにの取引そのものを公に行えない国もあります。

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあるかもしれない「訳あり商品」ですが、通信販売で、かにの訳ありなんていかにも怪しい感じがして買う気にならないのですが、どうして定価で販売できない商品になってしまったのか、そのわけによっては買う気にならない可能性も大有りだと思います。

訳ありは、損害になるか、客寄せになるか、読みきれないものなので、そのお店の考え方が表われます。

でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。

訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。

食べるわけでもない甲羅にほんのちょっと傷があるものなんて、訳ありで買ったら申し訳ないくらいですね。

聞いているだけで申し訳ないような気分になってきました。

余程のセレブでない限りあまり気にする必要なんてないですね。

訳ありかには、我が家の定番になるかもしれません。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。