カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹という

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは年中いつでも獲っていいものではなく、それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとするというルールが厳格に定められています。

蟹の旬を逃さないためには、解禁日の情報に目を光らせておくことが大事だと覚えておきましょう。

かには脚肉が代表的ですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。

味噌好きの方が選ぶかにとしては、もちろん毛蟹ですよね。

特有のこってりした味噌こそがたまらないおいしさですよね。

もっとコンパクトサイズのかに味噌で十分というなら、一度ワタリガニの味噌に挑戦してください。

一回り小さくはなりますが、味噌は納得のおいしさです。

テレビのバラエティでかにの話をしていて、通販でかにを買えるという話で、量も味もとても魅力的だし、年内に送料無料で届くこともあり、購入に踏み切りました。

生鮮食品のお取り寄せは今までしたことがなく、テレビで見た品と違っていたらどうしようと思っていましたが、届いたかにを料理してみると、ちゃんと身が詰まったかにばかりでした。

しかもゆでて良し、鍋で良しのおいしさで、嬉しいお正月になりました。

次のシーズンが楽しみです。

また購入したいです。

蟹の食べ放題も増えてきましたが、多くの人は食べ放題の蟹はマズいと思っているでしょう。

実は私もかつてはそうでした。

しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。

食べ放題でも、本当に美味しい蟹をお得に味わえることもあるのです。

普通のお店ではなく、蟹専門店や、北海道や山陰など名産地での食べ放題コースでは、品質、新鮮さともに申し分ない蟹が出てくるので、存分に堪能できます。

しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人はいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶほうがいいでしょうね。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。

様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。

中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べる方が多いようですが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。