カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやって

ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。

ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。

まずはネットでさらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、ちょっと検索してみましょう。

その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方がよりお得になるケースが多いためです。

ただ、ネット独特の詐欺や商品トラブルなどを避けたい方は、ネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがより安心して蟹を味わうことができるでしょうね。

蟹を調理していく場合には、「蟹がどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。

その注意点のうち特に大切なことと言えば、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。

多数の人々が解凍の時間が勿体ないからと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。

そんなことをしてしまったら、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、じっくり、冷蔵庫内で解凍させてください。

通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

安く大量に買ったかにを、食べ過ぎるとどうなるか。

通販で毛蟹を大量に購入したことがあり、買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、あれ?なんだか寒くなってきたのです。

おかしいと思いながらも食べ続けたところ、寒気は収まらず、震えだしてしまいました。

おいしいかにには思わぬワナがあります。

かには身体を冷やすことがあります。

私のような目には遭わないようにしてください。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

安価でカニを食べるには、どういう手段で入手したらいいのかわかりますか?皆さんは総じて蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。

いえいえ実は、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

どうするのか。

これから紹介します!訳ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。

これが一番安く蟹を食べられる方法です。

こちらの方法なら、たとえ見た目は劣っていても、安く蟹を買うことができます。