カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにを食べたい時、かに通販が品質、価格

かにを食べたい時、かに通販が品質、価格の面で圧倒的に便利だとは知っていますが、多くのお店があって、かにも、こんなに色々あったかと思うほどの豊富さです。

かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。

終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。

どう選ぶかは、人任せ、つまりみんなが行くお店が信用でき、みんながおいしいと食べるかにが一番美味しいと言うわけです。

美味しいかにを食べるために、その基本は押さえておきましょう。

分かりやすいランキングや比較サイトなどを参考にしてもいいと思います。

ただ鵜呑みにせずにあくまでも自分で判断しましょう。

最初はそんな方法で探しても、、色々なお店を利用してみれば、ランキングに表れない良さやかにの本当の美味しさや、楽しみ方、季節に合わせたかにの変化が見つかることもあるかもしれません。

家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、かにをおいしく調理するためにはじっくり行ってください。

かにのおいしさを損なわないために忘れず行いたいのは室内の解凍は厳禁で面倒でも冷蔵庫に入れましょう。

これをきちんと守れば差は歴然なので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。

セコガニとはズワイガニの雌のことです。

地方により様々で、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

一方、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、むしろ、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。

蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが他の蟹と比べた場合、サイズ的には小ぶりであるため、目利きが難しく、誤ると不味いものを選んで身のないスカスカしたものを食べる羽目になってしまいます。

そうすると、不味い毛蟹を選ばないようにするために注意することはなんでしょうか。

店先で購入する場合は、その場で手に取れるので、重みを確認して身のつまっていそうなものを選択すればいいですが店頭ではなく通販で実際に商品に接することができないときには、売り手の実績や品質基準が信頼に値するものなのかどうかを考えたうえで買うことが、成功の秘訣です。

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。

それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとする仕組みが整備されています。

毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことこそが肝要と言えるでしょう。