カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおい

国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。

タラバガニで比較すると、顕著な味の差はないと認識されています。

ところが、ズワイガニになると話は別です。

味がかなり違うという主張をよく耳にします。

水揚げされた地の名を冠したズワイガニがあるくらいです。

ブランドの違いは味の違いで、日本国内でも顕著に味が違うなら、外国産は全く別の味だと思うべきでしょう。

今時のかに通販は、かにの種類、産地、量などその充実に驚いてしまいます。

かにの産地や業者に詳しくない方は判断基準がよくわからないので実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。

そんなときの強い味方が、ネットなどの人気ランキングで、定評のあるサイトがたくさんあります。

色々な点から見て、お値打ちと言えるかにはみんなの高い評価を得て、ランク上位にいるのが普通です。

通販の生鮮食品はどれもそうですが、どこまで加工したものを買うかということで、産地でボイルしたものと、活かにとでどうしようと頭を抱えた方も少なくないでしょう。

通販のかにの加工法を選択するときは活かにが一押しです。

どこの通販で見ても、活かにが新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

無理のない価格で美味しいかにを食べたい。

贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。

かにをいつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。

そんな夢をかなえるには通信販売でかにを購入するのが一番です。

かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、実のぎっしり詰まったおいしいかにが、食べられるのは大きな魅力ですね。

通販のかには品物が悪いといった昔の常識は優良業者に限ってはもう当てはまりません。

更に価格が安いのが特徴でたいていのかになら、通販のほうが安いものが多いと言うのですからますますびっくりですね。

たまには変わったかにを販売してくれることもあるとか。

お知らせメールを受信設定にするのもいいでしょう。