カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

これからの季節が美味しい蟹。さて、蟹に

これからの季節が美味しい蟹。

さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。

触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みもまちまちなので、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、どの蟹はどんな特徴を持っているのか、よく知っておくことが必須かもしれません。

ポピュラーな蟹の種類というと、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。

購入時には、新鮮さと大きさに注目して商品を選ぶのが蟹通販で美味しい蟹を味わうための基本といえます。

丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、交互に半身を外すのです。

残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌を出しておきます。

脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。

このとき切れ目を入れる、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。

一定の時期にならないと漁が解禁されません。

漁業の秩序を守り、資源を保護するため、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、その日になるまでは蟹漁をしない仕組みが整備されています。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことこそが肝要と言えるでしょう。

かには高価で滅多に手の届かないもの。

そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。

そんなお店があったらいいですよね。

いつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。

そんな夢をかなえるにはかにを通信販売で買うのがいいと聞いたことがあり、試してみました。

かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、通販の新鮮で安心な高品質のかにが買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。

それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格が多いと言うのですからますますびっくりですね。

オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。

美味しい蟹を簡単に取り寄せることができる「蟹通販」。

初めての利用時には、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、損をしないために気をつけるべき点をご説明します。

業者の信用に関わってくるのは「人」です。

良い業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、人任せにすることなく、専門家自らが現地まで買い付けに行き、プロの目利きでもって、一定品質以上と認められた商品だけを仕入れてくるので、消費者としては安心です。

やはり品質は何より大事ですから、それを大切にしていそうな業者を選択するのがコツだといえるでしょう。

もっとも、これは蟹に限ったことではないですね。