カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが

タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。

ズワイガニの美味しさを知れば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。

一口にズワイガニといっても、産地ごとに様々な呼び名がありますが、脚のタグを見ればどのブランドかがわかります。

脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。

ズワイガニに限らず、ブランド蟹の購入時にはタグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。

ギフトとしても人気のある蟹。

家族や友人知人に、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。

ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。

何より新鮮さが落ちてしまうと、風味や味わいも落ちていく上、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。

最悪の事態を招かないためにも、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するようにするべきですね。

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。

根室の花咲漁港が主な産地のかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリと考えてください。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなので実に貴重なかにとして一般に扱われています。

芳醇な身が特色で、食べ応えもあり、希少価値もあることから、ブランドがにとして有名なかにの一種です。

皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。

一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

次に、毛蟹もよく見かけるかにで、あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさがこれぞかに、という方はたくさんいます。

味ならばズワイガニを挙げる方も多くかなり知られています。

種類によっておいしさが違うのもかにの特徴で、それぞれに好きな方がいます。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。

塩の入れすぎは逆効果です。

塩が入っているとわかれば大丈夫です。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、熱が全体に回るようにしましょう。

お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくときれいな状態で食卓に乗せられます。