カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても独特

上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても独特の味があるので、かにの中でも、世界にその名を知られています。

チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で結構、生息地域は広いようです。

生息地域が広いのも当然で、雑食なので正真正銘の侵略的外来種です。

放置すると拡散の可能性が大きいので、上海ガニが輸入されないように固く禁じている国もあるくらいです。

モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。

モクズガニという名称ならばご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。

モクズガニは河川でみられるカニで、特色は鋏に生えた毛です。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、そうである割には脚が長いことが特徴です。

殆どが蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。

蟹通販を利用する際に、国産品と輸入品、どちらが美味しいのかと迷ってしまう人も多くいると聞きます。

しかし、それほど迷うことはありません。

どっちを買っても、同種の蟹であれば特に違いはないといえます。

それより大事なことがあるとしたら、扱っている店舗自体の信頼性です。

蟹の品質はお店の姿勢によって変わります。

良いお店の商品なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。

一口に蟹といっても、産地や品種など様々なブランドがあるので、まだ蟹に詳しくないという人は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。

中でも最も美味しいと言われているのは、山陰や福井県が名産地として知られる、ズワイ蟹です。

この蟹は、繊細な風味や、強い甘みを持った味わいで知られ、身だけではなく蟹ミソも、とても濃厚で美味です。

甲羅は全体的に小ぶりで、表面がツルっとしているのが外見上の特徴として挙げられます。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

世界でその名を知られた上海ガニの種は異なりますが、同じ族のかにです。

ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

多くは、成体で170から180グラムになるという種類です。

雄より雌の方が大きいのも特長です。

昔から日本で多くみられ、食用としていろいろな料理にされています。