カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにの味は、国産と外国産で違うのでしょう

かにの味は、国産と外国産で違うのでしょうか。

どうも種類によって話は異なるようです。

タラバガニの場合、国産も外国産もほとんど同じ味だとなるようです。

ズワイガニは対照的です。

国産と外国産ははっきり味が異なるという説が主流です。

そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、そのブランドが味を表しているのです。

産地による味の違いはあると考えられ、当然、外国産は相当味が違うのでしょう。

蟹を食材として使う場合、蟹の保存状態に合わせた注意点があります。

中でも最もポイントとなることは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

大多数の方が急いで解凍するために水の中で蟹を溶かそうとして浸します。

そうしてしまうと、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。

様々な中華料理のうちでも高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、元々上海蟹というのは、淡水蟹のうち、中国でも特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

四季に関係なく流通しているので、いつでも食べられるのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、オスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、至高の味として多くの人に愛されています。

蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、気をつけなければならないこともあります。

お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

生鮮食品の解凍は難しいものです。

解凍の際には急がず、自然に解けるのを待つことが大切です。

解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。

メスのズワイガニは別名セコガニです。

場所によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

それに比べて、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、わりと、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。