カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにの産地の特集を、年末にテレビで観

かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、通販でも売っているということで、家の近くで買えるかにより大きく、まとまった量が買えるのも魅力でした。

年内に送料無料で届くこともあり、購入に踏み切りました。

今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。

届いたかにを料理してみると、ちゃんと身が詰まったかにばかりでした。

味もテレビの紹介の通り、新年早々みんなにこにこでした。

あの味は忘れられません。

今年も買います。

蟹通販が一般的なものになった現在では、活蟹やポーションタイプなど、色々な蟹を注文できます。

あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。

しかし、現在では蟹通販を扱う業者もネットで検索すれば沢山出てくるようになったので、どこの業者を利用するかは気をつけて選ばなければなりません。

どこで買ってもいいというものではありません。

新鮮な蟹を買うには、キーワードは「産地直送」。

産地直送の業者を選んで利用しましょう。

とにかく慎重に選ぶことです。

業者の質により、蟹の質も大きく変わります。

業者選びは妥協しないようにしましょう。

蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。

そんな蟹を安く入手するには、どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?一般的には蟹が最も安く手に入れるには、スーパーで購入するのが一番と思われるかもしれません。

ところが、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

どうするのか。

これから紹介します!通販で蟹を買う方法です。

この場合、訳あり商品が取り扱われているので、一番安く買うことができる方法です。

こちらの方法なら、たとえ見た目は劣っていても、安く蟹を買うことができます。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。

海水より濃くないくらいで、塩気をつけています、とわかれば大丈夫です。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、熱が全体に回るようにしましょう。

食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと鍋の後始末も楽です。

ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。

ズワイガニに限らず、当然のように大きくて、脚が長ければという判断で選んでいるかと思われます。

しかし、大きさよりももっと調べてほしい観点を知っておきましょう。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという情けない事態になりかねません。

ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。