カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ズワイガニのチェックポイント

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

ズワイガニに限らず、当然のようにまあ、大きければいいという感じで決めていることが多いでしょう。

それだけでは不十分です。

それよりも大事な点もあると知れば、失敗はしません。

持ってみて重みは感じられますか?見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという情けない事態になりかねません。

重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、悩んでしまう人もいるでしょう。

どちらがいいかは、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。

代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。

蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、新鮮な活き蟹、または生のまま鮮度を閉じ込めた冷凍品がおすすめです。

このように、調理法に応じて最適の商品を選択すれば、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。

お知り合いや家族に、蟹をお歳暮で贈りたいという需要も増えてきたのではないでしょうか。

しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。

水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。

時間が経つと美味しさも損なわれてしまいますし、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。

危険回避の観点からも、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。

また、相手のことを考えれば、相手が在宅していそうな時間を指定して工夫して発送するのがよいでしょう。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくというのが捌き方の基本手順です。

蟹の激安通販というものを聞くと、割と多くの人が興味を示すのが実情ではないかと思われます。

他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見れば利用してみたいと感じるかもしれません。

とはいえ、注意するべき点もあります。

一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、売り物にならないだけの重大な理由があるということがありえるので注意しましょう。

ちゃんとした業者なら口コミやレビューもしっかりしていますから、それを調べてから判断することをおすすめします。