カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾といった浅海に生息します。

近年、国産品は貴重になってきています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが最も普通の食べ方のようですが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも目立つのに気づいていますか?これは、殻をむいて中身を集めたとして販売されています。

缶詰にもある、むき身のかにのことです。

色々な料理に使いやすいのは嬉しい話ですし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので丸ごとの訳あり品よりも、さらに安いといううま味もあるのです。

様々な中華料理のうちでも上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、淡水蟹のうち、中国でも特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

年間通して入手可能なのでいつでも食べられるのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、最高においしい一品として重宝されています。

蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。

そんなあなたへのお勧めは、あらかじめ殻が剥いてある「ポーションタイプ」という商品です。

「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、ポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが私のイチオシです!また、「ポーションもいいけど自分は蟹ミソも味わいたい!」という人は、身の崩れた蟹などを安く売っている「訳あり蟹」を選べば、お得に蟹の魅力を味わい尽くすことができます!丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。

腹の三角形部分に指を入れて外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

甲羅から半身を外していきます。

双方をしっかり押さえ、半身、また半身と外していきます。

半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いてかに味噌だけにしておきます。

脚をばらばらにし、大きければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。