カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節です。

旬の蟹を食べ尽くすため、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、今の季節で一番楽しみにしていることなのです。

私が毎年必ず足を運ぶのは、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、函館にある蟹専門店です。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々に存分に舌鼓を打つことができます。

今年もそのお店に行くのが楽しみです。

蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、活蟹や冷凍のポーションタイプなど、様々な形で蟹を購入できます。

しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。

購入の前に、サイトのレビューの内容を入念にチェックするとよいでしょう。

レビューを参考にする上でも注意点があります。

それは、サクラ、ヤラセによる高評価を見抜けるようになることです。

レビュー件数が少ないのに、その全てが似たような文章の高評価だという場合、一目見てそれはヤラセだと分かります。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

多くの方の話では、タラバガニだと国産も外国産もほとんど同じ味だと一般に知られています。

その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うという声を実に良く聞きます。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、そのブランドが味を表しているのです。

日本国内でも顕著に味が違うなら、外国産は味が違うというのも、もっともです。

テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道で決まりでしょう。

その理由ははっきりしていて、毛蟹の産地に限っていえば北海道以外にありません。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると他の種類が獲れることで知られた産地を思いつくのではないでしょうか。

有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。

味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。

数ある温泉地の中でも、蟹が美味しくて有名なところがあります。

ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。

そうは言っても、温泉は季節を問わず入れますが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。