カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにの産地といえば?と聞くと、北海道が一番よく

かにの産地といえば?と聞くと、北海道が一番よく知られているでしょう。

まあ、当然といえば当然でしょう。

現在、日本で毛蟹を買おうと思えば全て北海道なのです。

まだまだ他にかにの種類はあります。

それなら日本海沿岸でもよく知られた場所があることでしょう。

有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。

とれたてのかにが出回る頃にはお店でも、かにに目が行ってしまうものです。

寒くなってから、熱燗でかに鍋を食べるとみんな納得のおいしさです。

もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、かにを近所のお店で買って済ませるのでなく、早起きして、市場へ買いに行くとより新鮮なかにに出会えるでしょう。

通販をまめにチェックして、かにを買うのも試してみる価値ありです。

通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

安く大量に買うと、危険なことがあるのです。

通販のセールで安い毛蟹が買えたので買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、身体が冷えてくるのがわかりました。

でも、おいしくて食べるのをやめられません。

しまいには歯の根が合わないくらい震えてしまいました。

通販ではおいしくて安いかにがたくさん買えますが、食べ過ぎは身体に悪いのです。

少しずつ、味わいながら食べてください。

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。

いろいろな中華がある中で特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、上海蟹とは、中国で獲れる淡水蟹の中でも、揚子江下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。

年間通して入手可能なのでいつでも食べられるのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。

数年前では考えられなかったくらい、かに通販の量と質はその充実に驚いてしまいます。

かにの産地や業者に詳しくない方はどれにしようと迷うばかりで結局選べずに終わるのではないでしょうか。

どうしても自分で選べない場合、人気ランキングも迷っている方、必見ですよ。

安心して買えるような、おいしくてお手頃価格のかには多くの人気ランキングで、確実に上位にがんばっているのです。