カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたこと

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするスタイルが最もスタンダードだといえます。

さらに、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

店頭販売ではなく蟹通販で蟹を買うことの最大のメリットとしてよく言われるのは、どこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹をいつでも購入できるということです。

一方、普通のスーパーで蟹を買う場合、いくつもの工程を経て店に出ていますから、常に新鮮というわけではありません。

お店の方が良くないというのは意外な結論かもしれませんが、新鮮さを求めるなら漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが最適の手段なのです。

蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。

人気の蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。

花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉にはやわらかさも兼ね備えていて、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。

夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。

今、食べられるかにの中で、一押しはとしょっちゅう聞かれますが、答えはいつも決まっています。

ズワイガニです。

ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多く他のかににはない特長で、松葉ガニだの、越前ガニだのご当地ブランドのズワイガニならば味の保証ができます。

ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、そうしたブランドのかには味噌もおいしいのです。

その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。

お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、期待したほど美味しくなかったり、契約自体に不満を持つことが増え、消費者センターなどに通報する人が出てきました。

ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。

業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けて、安心してかにを楽しむには、周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りに今回のお店を決めます。

気に入ればそこをお気に入りにしてもいいし、幾つかのお店を試すことで自分のベストのお店が見つかるかもしれません。

ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。