カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹好きな人って多いですよね。うちの主

蟹好きな人って多いですよね。

うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹もほとんど全てを一人で食べてしまうくらいですから、よほどの「蟹通」です。

だけど、子供も大きくなってきましたし、できれば家族皆で楽しめる方がずっといいに決まっていますよね。

そこで有り難いのがポーションタイプの商品です。

解凍すればすぐに使え、殻ももう取り除いてあるので、「今夜は家族で蟹鍋を囲みたい!」というときでもさばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。

これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹を味わいつくすことができます。

高級とされるブランド蟹にもタラバ蟹や毛蟹など色々な種類があるため、初めて蟹通販を利用してみたいという方は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。

私の一番のお勧めとしては、山陰や福井県が名産地として知られる、ズワイ蟹です。

ズワイ蟹は強い甘み、それに繊細な風味を備えており、蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。

甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが有名な特徴で、一目見てズワイ蟹とわかります。

毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。

何点か挙げてみます。

一番のポイントは水揚げされた時期です。

全体に大きく、身が入っているのも冬で、毛蟹が最もおいしい時期です。

見て選ぶとき大切なのは見た目もそうですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。

見た目にも新鮮そうで、持ったときに重みを感じられるものを選ぶとよいです。

持ったときの感じで、身の詰まり方などよくわかるでしょう。

実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことでよいかにを売っている可能性が高いです。

セコガニとはズワイガニの雌のことです。

地域によっては、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

一方、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえバランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、多くは、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。

私にとって年末年始の特別な贅沢、それはかにです。

ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、かに三昧の2日間を過ごしています。

ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。

毎年注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、食品としてはかなり贅沢なお買い物になりますから、価格と品物がしっかり見合っていて欲しいのは当たり前のことです。

そんな時に大いに役立つのが、インターネットの口コミではないでしょうか。

たくさんの人がその会社や商品についての正直な感想を述べているのですから、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。