カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

中華料理は数あれど、中でも特に高級な料

中華料理は数あれど、中でも特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、上海蟹とは、淡水蟹のうち、中国でも特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

年間通して入手可能なのでオフシーズンなく味わえはするのですが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。

そして、上海蟹のオスの白子のねっとり感が最高においしくいただける時期が11月辺りで、至高の味として多くの人に愛されています。

蟹通販では色々な蟹が買えるので、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、あれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、蟹をどう食べたいかによるとしか言いようがありません。

蟹鍋はポピュラーな食べ方の一つですが、それなら既にボイルしてあるポーションタイプの蟹が楽でいいでしょう。

蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。

以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。

同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、かにの種類も専門店だけあって、季節ごとに多くの取り扱いがあります。

あまたのお店の中で1番いいお店がどこで、選ぶべきかにの種類は今の季節ならどれかなどサイトの中を行ったりきたり悩みは尽きないと思いますが、でも選び方はいたって簡単です。

人の尻馬に乗ってしまうことです。

つまり真似っこをすればいいのです。

もちろん、失敗もありえますが。

基本はたったそれだけです。

かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。

人気が一目で分かるランキングや売れ筋のランキングなどは大変参考になるでしょう。

何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、かにの本当の美味しさや、楽しみ方、季節に合わせたかにの変化が見つかることもあるかもしれません。

家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。

かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、「焼きがに」いかがですか。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

まずは、解凍ですよ。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫に入れるのがベストです。

ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。

半解凍になれば包みを解き、殻付きで焼くと、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。

有名なかにの産地を考えてみると、北海道が一番よく知られているでしょう。

実は、それには訳があって、日本で水揚げされる毛蟹の産地は全て北海道なのです。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると日本海沿岸でもよく知られた場所があることでしょう。

有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取県の水揚げ高は多いのです。