カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

家での食事にかにが出てくるだけ

家での食事にかにが出てくるだけでなんだか華やぐという経験はなぜか強く残っているのではありませんか。

丸ごとのかになどあった日には、みんなが笑顔になったはずです。

大概の地域のスーパーでは一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。

その問題を解決できるのは通販で、新鮮な状態で届けてくれるので、どうぞお試しください。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは実は水揚げできる時期が限られています。

それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないという取り決めになっているのです。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大事だと覚えておきましょう。

先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。

他の海産物なら、自分の目で見て買った方がいいと思いますが、かにだけはお取り寄せすることに決めています。

その理由は、家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。

何キロになったとしても制限はありませんし、日本の宅配便は正確さ安全性にかけては世界一だと思います。

どんな荷物でも自宅の玄関まで丁寧に持ってきてくれます。

冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいになってしまうので、できるだけ食べる日に近い日に届けてもらうようにしたいですね。

お店から家まで運ぶのに比べたら楽なものですね。

後は冷蔵庫に入れるだけです。

新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを届いたばかりの最高の状態で堪能できるのがお取り寄せの最もいいところかもしれません。

ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

土地土地で違いがあり、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

逆に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、大方は、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

様々な中華料理のうちでも上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、上海蟹とは、元は中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、とりわけ揚子江下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

常に市場で扱われており、どんな季節に行ったとしても楽しめますが、10月ごろ、メスはお腹の中に多くの卵を抱え込みます。

この時期と、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、最高においしい一品として重宝されています。