カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹好きな人って多いですよね。うちの主人もそうで、

蟹好きな人って多いですよね。

うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹も一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。

私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で美味しい蟹を楽しみたいものだと思います。

そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。

ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、蟹しゃぶや蟹鍋など、家族で囲む料理には特に、普通の蟹よりずっと楽に使えます。

これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹を味わいつくすことができます。

待ちに待った蟹のシーズン。

我が家も蟹好きばかりで、通販で購入するケースが多いです。

しかし、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。

通販は届いてみるまで品物が見えないですから、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

詐欺まがいの量ごまかしをやってくる業者もいます。

それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。

蟹を解凍する際には、時間をかけて十分慎重に行うことが大事です。

よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。

ご馳走の代名詞といえば蟹。

しかし、蟹には産地や品種など様々なブランドがあるので、蟹のことをもっと知りたいというあなたは、ぜひ色々な蟹を食べ比べてみることをお勧めします。

中でも最も美味しいと言われているのは、松葉ガニ、越前ガニなどの銘柄で知られるズワイ蟹です。

ズワイ蟹の魅力といえば、身に詰まった強い甘み。

そして蟹ミソも、いかにも蟹らしい濃厚さがあります。

甲羅は全体的に小ぶりで、表面がツルっとしているのが外見上の特徴として挙げられます。

安く蟹を食べたければ、日帰りカニ食べ放題ツアーが最もいいと思います。

何故かというと、蟹を楽しむのにこのやり方だと、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。

なおかつ、この種の企画は蟹が名物の場所で開催されることが多いので価格や量のみならず質の良さも申し分ないはずです。

蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、主役級の存在感で、かにの中でも、世界にその名を知られています。

中国だけでなく、アジア各地の生息地域は案外広いのです。

その生命力は強く、雑食で外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。

そのため、このかにが持ち込まれないよう、生体の輸入だけでなく、取引全体を公に行えない国もあります。