カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹通販にもデメリットがあります。それは何かとい

蟹通販にもデメリットがあります。

それは何かというと、蟹をじかに見て選ぶことができない点であるといえます。

普通の店なら、蟹の具合を見て買える上、その場で試食させてくれる店舗も多くあります。

また、お店によって塩加減なども千差万別なので、美味しいなと感じたお店を探せばより美味しい蟹を楽しめます。

手軽でお得な蟹通販のメリットは誰もが認めるところですが、一方、このような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。

現在、ネットには数多くの蟹通販の業者が出店しており、タラバガニや越前ガニ、松葉ガニなど色々な蟹を手軽に購入できます。

しかし、通販の利用が初めての方は、実物を見て買えない点が怖いかもしれません。

どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。

そんなときには、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。

そこでは良いレビューと悪いレビューを見分ける目も必要です。

第一には、サクラやヤラセに引っかからないようにすることです。

レビューの数がそれほど多くないにもかかわらず、「良い」評価ばかりが不自然に並んでいるなら、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。

かにの安い買い方を知りたいと考えてわからなかった方もいるのではないですか。

一つの案をお教えします。

一定以上の量を市場で直接買い、交渉すれば安いことは確かです。

交通費と手間はかかりますが、安く新鮮なものが手に入ります。

また、市場に出向く時間がない方は、通販ならば買いに行く手間を省いて安く入手できます。

蟹にも、獲れる地域や品種によって、様々なブランドがあります。

触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みもまちまちなので、通販で蟹を購入しようという人は、どの蟹はどんな特徴を持っているのか、よく知っておくことが必須かもしれません。

ポピュラーな蟹の種類というと、まずタラバガニやズワイガニが挙げられるでしょう。

購入時には、新鮮さと大きさに注目して商品を選ぶことが何より大事です。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。