カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

通販を利用する際には巷のレビューを参考にし

通販を利用する際には巷のレビューを参考にしたいもの。

とはいえ、多くのレビューがWEBには溢れ返っています。

レビューといえば楽天やアマゾンがまず思いつきますが、そういったサイトに寄せられているような大量のレビュー以外にも、私の知る限りでも、蟹通販についてまとめたサイトは数十を下りません。

こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。

そこで、皆様に一つアドバイスがあります。

ネット上の口コミはしょせん、主観に過ぎません。

それより、取引実績のちゃんとしている業者を選ぶことです。

そうすれば信用できる業者から蟹を買うことができますね。

活かにの下ごしらえはご存じですか。

きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。

ここからは軍手着用です。

腹の三角形部分を外して、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

次に甲羅と半身を離します。

両手で持って、交互に半身を外すのです。

胴に残った黒い部分を取り除いて、待望のかに味噌を出します。

脚をばらばらにし、大きければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。

蟹通販に興味をお持ちの皆様へ。

多くの商品がある中で、確実に失敗しない種類といえば、意外かもしれませんが、活きた蟹ではなく冷凍の蟹です。

ただし獲ってすぐに茹でたもの。

「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は専門店で扱うならいざ知らず、ご家庭でさばいて食べるのはなかなか難易度が高いです。

茹で加減や味付けなどもコツが必要で、一般家庭では大変なので、あらかじめ茹でてある蟹を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

実際ズワイガニを買っている方の多くは、大きくて、脚が長ければという判断で購入していると思います。

それだけでは不十分です。

それよりも大事な観点を知っておきましょう。

持ったときの重量感を意識してください。

殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという痛い話を聞いたことがあるでしょう。

重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。

色々な蟹を扱っている蟹通販だからこそ、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか迷ってしまう人も多くいると聞きます。

でも実際のところ、どっちを買っても、同種の蟹であればそんなに味が違うことはありません。

国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、その蟹通販業者が信用できるところなのかどうかです。

蟹のグレードを左右するのは業者の質です。

信用できるところの蟹なら、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。