カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

紅ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらお

ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないとさんざん聞きますが、違う、と断言できます。

ズワイガニの当たりはなくおいしいと思ったことがないならそれは気の毒です。

おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。

新鮮な紅ズワイガニは、それはもうおいしいということを知っておいてください。

新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいのでどうにも誤解されがちです。

花咲がにを食べたことはありますか。

根室の花咲漁港が主な産地のかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリだと覚えておきましょう。

かにと言っても通用する見かけと、かにと同じくらいおいしいことからかにの一種と言うことで全く問題はありません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、産地が限られて漁獲量も少ないので非常に珍重されています。

格安で蟹を食べられたら嬉しいですよね。

そのためには、どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?皆さんは総じて蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。

意外かもしれませんが、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。

それは何かと言いますと、通販です。

通販で訳ありの蟹を購入することが最も安く買えるのです。

これならば、最も安く蟹が買えます。

多少の見た目の良しあしにこだわらない人にはオススメです。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。

産地直送の蟹が美味しい地域として、日本一の知名度を誇っているのは、北海道であることに異論はないでしょう。

多くの種類の蟹が獲れる北海道。

もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、トータルで言うならやっぱり北海道の蟹が一番です。

しかし、実際に北海道に行ってみると、北海道どころか海外産の蟹が道内で売られている場合も少なくないようです。