カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹はどう食べても美味しいものです

蟹はどう食べても美味しいものですが、中でもお勧めできるのは蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。

大の蟹好きである私もはっきりそう思います。

蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは水揚げ直後の新鮮な状態でなければあまり美味しくないのです。

しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、鮮度の劣化によって味が落ちることもなく、いつでも美味しく食べられます。

風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すればたちまち美味しくなります。

ネット通販が普及した現在では、クリック一つで、いつでも新鮮な蟹を手軽に取り寄せることができ、とても便利です。

とはいえ、最近は業者の数も増えてきて、それぞれに値段や利用条件が大きく違っていることもあるので、お得に利用するためには、業者の選定に慎重になりましょう。

楽天市場などのECサイトや、一般の検索で探せば、格安に蟹を取り寄せることができる業者もあるでしょう。

しかし、お得すぎるのも禁物です。

あまりに安価な場合、レビューを参考にするなどして、蟹の新鮮さや業者の信頼性を確認するクセをつけましょう。

かにの通販は鮮度が心配で、という声も時々耳にします。

少し前まで、通販のかにというとどうも鮮度が、といわれるばかりでした。

今は、そんなことはありません。

加工保存や流通システムの発展はものすごく、かに通販で買っても、産地から市場に送られた品と同じように味も鮮度も充実しています。

ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。

どの業者でもいつもおいしいかにが買えるとは言えませんので、お店を選ぶのはとても大事なことです。

通販は不安なので事前に口コミを参考にしたいという方は多いでしょうが、レビューや口コミというのはネット上にたくさんありますよね。

多くの人が目にするのは楽天やアマゾンでしょう。

また、それらのサービスに寄せられているような大量のレビュー以外にも、ブログなどでも蟹通販の口コミをまとめたところがあるようです。

こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。

そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。

それより、業者の取引実績を調べてみましょう。

それを基準に選べば情報も信用できます。

蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。

お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

解凍はプロでも気を遣います。

急がず焦らず、十分慎重に行うことが大事です。

よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。