カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

皆さんは蟹通販を利用したことはありますか? 蟹通販では

皆さんは蟹通販を利用したことはありますか? 蟹通販では、新鮮で美味しい蟹をいつでも注文することができます。

とはいえ、最近は業者の数も増えてきて、詐欺まがいの業者や、他と比べて高すぎるところもあるので、どこから買ってもいいというものではありません。

根気よく多くのサイトを見ていけば、中には他より大幅に安い業者もあります。

しかし、激安を謳う業者には怪しげなところも多いですから、本当に信頼できる業者なのかということをしっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。

どちらかといえば、松葉ガニより小さめサイズが多いのですがこの時期にしかない卵がぎっしり入っていておいしさもひとしおなので、このかににしかない味を愛する方が根強くいます。

とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか獲れる許可がおりないため、その貴重さは際立っています。

どんな大きなかにでも、通販で買えば自宅に送ってもらえるので好きなだけ買えるのはいいですね。

一定以上の量を注文すれば、激安価格も夢ではありません。

それを考えると、限界価格で買うことをねらっている場合は、かに好きの人を広く募って、通販に申し込みとことん安くなる数を注文するのもありですよ。

もっとも、そうなれば、みんなに分け終わるまで自分でかにを保管して、それから分けることになるのでそのための冷蔵庫か冷凍庫の用意をしておいてください。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

自分の周りでも、かに通販でかにを買うのが当たり前だという流れになっています。

それも当然でしょう。

宅配便で冷蔵でも冷凍でも全国に届けられるようになり、全国の水産業者から直に購入できるためです。

最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、生でも冷凍でも、かにを食べたいときには近所のスーパーには行きません。

なじみのかに通販をいつも利用しています。