カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが

ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。

ズワイガニを一度味わってしまえば、他の蟹など比べ物にならないと気付くでしょう。

ズワイガニは、どこの漁場で水揚げされたかによって呼び方が変わってきますが、識別のため、脚にタグが付けられています。

このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。

蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。

ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。

かにの中で比較するとその脚は太くはありませんが味噌がおいしいかにを求めるなら好きな方には堪えられません。

流通量は多く、庶民的な価格なのでかに味噌をたっぷり味わいたいなら打ってつけのかにです。

細い脚と甲羅の大きさを生かせば、アイディア次第で、調理法は実に多様です。

蟹通販では実に様々な種類の蟹を買うことができます。

中でも私が自信を持って皆様にオススメする種類は、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。

一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、新鮮さでは右に出るものはありませんが、一方で素人が簡単に捌けないという難点があります。

茹で加減や味付けなどもコツが必要で、手を出すのは難しい部分もありますので、あらかじめ茹でてある蟹を購入する方がよいでしょう。

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これはガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海三河湾といった浅海に生息します。

近年、国産品は貴重になってきています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、日本各地で食用として重んじられてきました。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが古くから最も一般的とされましたが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。

あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?実際ズワイガニを買っている方の多くは、大きくて、脚が長ければという判断で決めていることが多いでしょう。

それは当然のこととして、同じくらい欠かせないことを強調したいのです。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

見た目が立派でも、中身のないかにだったという話は実に良く聞きます。

重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。