カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

食べられるかにといっても、多くの種類がある

食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。

触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさが通の味ともいわれています。

身や味噌の味といえば、ズワイガニも固定ファンがいます。

とれる場所によっても味が違いますし、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。

多くの方に好評のかにの食べ方として、何といっても焼きがには最高ですよ。

殻付きのかになら、一番の調理法です。

まずは、解凍ですよ。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。

理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。

あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?誰でもズワイガニを選ぶとき全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て買っているのではないでしょうか。

しかし、大きさよりももっと調べてほしいポイントを覚えておいてください。

持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。

殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという悲劇は後を絶ちません。

ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。

テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、国内では北海道になるでしょうか。

まあ、当然といえば当然でしょう。

日本で水揚げされる毛蟹の産地は必然的に北海道になるからです。

まだまだ他にかにの種類はあります。

それなら北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所があることでしょう。

ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取でたくさんとれますよ。

おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。

脚を味わうなら、まずオスにしてください。

雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニを食べる目的とも言える脚肉を味わいたいと思えば雄の方が圧倒的においしいのです。

そして、甲羅の中央に並ぶ突起の数を確認してください。

6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、4つだけなら、アブラガニなので、違う種類を買わないよう用心してください。