カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。どちらか

モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。

どちらかというとモクズガニの方が分かる人もいるでしょう。

これは河川で漁獲されるカニの一つで、鋏の毛が特色として挙げられます。

甲羅が掌より少し小さいサイズなのですが、にもかかわらず、脚の方に着目すると、長いことが特色です。

殆どがお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。

かには鮮度が命、という方は、通販でも鮮度を気にしています。

つい最近まで、通販でかにを買うと、新鮮な品はないというイメージが先行していました。

それは昔の話です。

加工保存や流通システムの発展はものすごく、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらいおいしい新鮮なかにを味わえるようになりました。

ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。

どの業者でもおいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、購入先は信頼の置けるところにしてください。

かつて、新鮮な蟹を食べられる地域は限られていました。

しかし現在では、全国どこからでも利用できる蟹通販ならば、産地直送の新鮮な蟹を味わうことが可能です。

蟹にはタラバ蟹や毛蟹など複数の種類がありますが、初めての方は、まずズワイ蟹を試してみてはどうでしょうか。

皆さんも聞いたことがあるでしょうが、ズワイ蟹には蟹本来の旨みがあり、甘みが強くジューシーな味わいを堪能できます。

ズワイ蟹には地域ごとに様々な種類があり、場所や時期によって品質に当たり外れがあるので、無銘の蟹よりもブランド蟹を選ぶことをお勧めします。

安く蟹を食べたければ、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。

なぜならば、もしこうして蟹を食べたとしたら、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べてお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。

しかも、このようなツアーは美味しいカニが楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、値段や量に加えて、上質であるということにも納得できると思います。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。