カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにといえば脚肉、の方も多いですが、味噌で

かにといえば脚肉、の方も多いですが、味噌でかにを決める方もたくさんいます。

味噌のおいしさを堪能したいなら、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

特有のこってりした味噌こそがこれが最高、と言う方が多いのもうなずけます。

そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ワタリガニを勧める方もいます。

一回り小さくはなりますが、味わいは勝るとも劣りません。

年末に、テレビでかにの特集を観ました。

そこで通販を紹介していました。

家の近くで買えるかにより大きく、まとまった量が買えるのも魅力でした。

ちょっと不安もありましたが、送料無料が決め手になり注文しました。

生鮮食品のお取り寄せは今までしたことがなく、どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。

実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。

しかもゆでて良し、鍋で良しのおいしさで、新年早々みんなにこにこでした。

今年も同じところから買おうと考えています。

多くの方に好評のかにの食べ方として、「焼きがに」いかがですか。

今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。

おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。

半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。

意外と知られていないことですが、蟹は特定の時期にしか獲れないことになっています。

それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

漁業の秩序を守り、資源を保護するため、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできない仕組みが整備されています。

毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことが大事だと覚えておきましょう。

皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。

国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。

それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。

あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、風味豊かな身や味噌がぎっしり詰まっていてこれぞかに、という方はたくさんいます。

身や味噌の味といえば、ズワイガニも固定ファンがいます。

どのかにも独特のおいしさをもち、それぞれに好きな方がいます。