カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かには高価で滅多に手の届かないもの。そんな常識を打ち破

かには高価で滅多に手の届かないもの。

そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。

そんなお店があったらいいですよね。

食べたい時に食べたいだけ注文するにはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。

かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、近くのスーパーに売っているかには、氷がびっしりとまとわりつき、いつからそこに入っていたのか疑問に思えるほどの状態になっていたりしますが、実のぎっしり詰まったおいしいかにが、買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。

また、それほどの品質を保ちながら、どこよりも安い価格設定というのがほとんどで、大きな魅力となっています。

たまには変わったかにを販売してくれることもあるとか。

お知らせメールを受信設定にするのもいいでしょう。

どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。

海水より濃くないくらいで、塩が入っているくらいの塩分で十分です。

大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと鍋の後始末も楽です。

数ある中華料理の中で上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。

そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと淡水蟹のうち、中国でもとりわけ揚子江下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

常に市場で扱われており、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。

そして、オスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、至高の味として多くの人に愛されています。

有名なかにの産地を考えてみると、北海道で決まりでしょう。

まあ、当然といえば当然でしょう。

日本で水揚げされる毛蟹の産地は全て北海道なのです。

その他の産地を挙げる方もいるでしょう。

毛蟹を除けば日本各地にそれぞれの種類が有名なところも覚えて欲しいものです。

ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取でたくさんとれますよ。

ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売でもかにが買えると知り、初めて思い切って注文してみましたが、意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。

今まで全く知りませんでしたが、結構長い歴史があるらしく、私が生まれる前からかにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。

当時は、生ものの発送という画期的な試みが一般的ではなかったこともあり、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。

ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。

味は私が保証します。