カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹の美味しい季節が今年もやってきました。お得に蟹

蟹の美味しい季節が今年もやってきました。

お得に蟹を買いたい方は、断然、丸ごとで買うのがお勧めです。

丸ごとよりも、脚だけなど「不完全」なセットが安価に買えることで有名ですが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によっては安く購入できることがあるのが蟹通販です。

それに、蟹を美味しく食べようと思えば丸ごと一杯の蟹を茹でて食すのが一番いいでしょう。

この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて濃厚な味わいを思う存分楽しむことができます。

かにの通販は鮮度が心配で、という声も時々耳にします。

少し前まで、通販のかにというと鮮度に問題ありという評判ばかりでした。

今の通販で買ったかにを見てください。

冷凍加工や流通システムの発達はめざましく、市場で買って店舗に並べるのと変わらない品が通販で売られ、新鮮でおいしい品がそろっています。

ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。

どの業者でもおいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、購入先は信頼の置けるところにしてください。

色々な種類のかにが通販で手に入る中で、常に人気上位のタラバガニですが、大事な点を一つお教えします。

タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。

ごまかされてもおかしくありません。

タラバガニだと信じて買ったら、アブラガニだという指摘を受けた深刻な話も時々聞きますから、安さにつられて買うのではなく、よく知られたお店から買うのが無難です。

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海三河湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するスタイルが最もスタンダードだといえます。

さらに、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

活かにをさばいてみましょう。

洗って汚れを落とし、30分水に浸します。

殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。

腹の三角形部分に指を入れて外し、関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。

甲羅から半身を外していきます。

双方をしっかり押さえ、片方ずつ半身を外します。

胴に残った黒い部分を取り除いて、かに味噌を出しておきます。

脚を外していき、長さも食べやすくします。

食べるときのために、切れ目も入れましょう。

脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。