カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。そのかにを

お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。

そのかにを買う際には気をつけてくださいね。

どういうことかといいますと、たくさん並んだかにの中から、自分で選んだかにを贈ることです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。

大事なお歳暮用のかにですから、十分信頼できるお店を選んでください。

かにのおいしい食べ方がわからない、という声もありますが、一度焼きがにを召し上がってください。

殻付きのかになら、一番の調理法です。

まずは、解凍ですよ。

表面が乾かないように、紙類で包んで、自然解凍できれば最高です。

ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。

半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。

蟹は家族の食卓にも最適ですね。

お得に蟹を買いたい方は、断然、丸ごとで買うのがお勧めです。

蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などが安価に買えることで有名ですが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでも十分安く買えることが多いです。

それに、蟹を美味しく食べようと思えばたっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。

これなら蟹の風味を逃がすことなく、安い蟹でも十分に蟹らしい風味を味わうことができますよ。

かには脚肉が代表的ですが、通の味は、何といっても味噌でしょう。

味噌がおいしいかにとして知られているのは、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

味噌は独特の香ばしさで、これが最高、と言う方が多いのもうなずけます。

毛蟹のボリュームは結構という方には、ワタリガニはいかかでしょうか。

小さめサイズのものが多いですが、しっかりした味の味噌ですよ。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくのが上手な調理の仕方です。