カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ワタリガニというかにがいるの

ワタリガニというかにがいるのではなく、ガザミやイシガニの呼び名です。

ズワイガニや毛蟹に比べればどうしても脚の細さが痛いところですが、味噌はどのかににも勝るとも劣らず通の味と言えます。

流通量は多く、庶民的な価格なのでもし、かに味噌を思い切り食べようと思えば一押しと言えるでしょう。

お手頃サイズでもあり、いろいろな料理に使えるかにでもあります。

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。

根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにと言われていますが、生物としてはヤドカリだと覚えておきましょう。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなのでかにの一種と言うことで全国に出回っています。

身の芳醇さと食べ応えで知られ、産地が限られて漁獲量も少ないのでブランドがにとして有名なかにの一種です。

多くの方に好評のかにの食べ方として、一度焼きがにを召し上がってください。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

冷凍品の場合、解凍にはコツがあります。

水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。

理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。

多くの方がそのお得さに気付いている「訳あり蟹」。

私がそれがお得だと敢えて主張するのには本当にお得な理由があるからです。

以下ご説明します。

まず、普通のお店で蟹を買うとすると、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、代金についてトクをするのは難しいですよね。

対して、蟹通販には通販ならではの利点があります。

つまり、普通の店頭では売り物にならないようなキズモノでも、味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

少しでもかにに関係ありそうな映像や写真を見るとかにを注文したくなるのは困りものです。

かに屋さんにも色々あって豊富に取り揃えられたかにを見ているだけでも幸せを感じますね。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

誰か助けてと言って丸投げしてしまいましょう。

選ぶに当たっては難しいことなんて何一つありません。

右へならえの日本人らしく、人気のものを選ぶことです。

一見当たり前のことを言っているだけのようですが、真理とはいつもそんなものかもしれません。

人気店や人気のかにを知るのに売れ筋ランキングなどをあたってみましょう。

もちろん、口コミも忘れずに。

人気ばかりがものさしではないので、何回も買っていれば自ずと本当に美味しいと思えるかにが見つかったりするなど、順位にとらわれない選び方が見つかるはずです。