カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

活かにをさばいてみましょう。洗

活かにをさばいてみましょう。

洗って汚れを落とし、30分水に浸します。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

甲羅から半身を外していきます。

双方をしっかり押さえ、片方ずつ半身を外します。

残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌だけにしておきます。

脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるというのがあります。

最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。

旦那さんや奥さんが注文したのかと思い、代引きで支払ってしまうので詐欺師の思う壺です。

本来なら支払いを拒むべきなのですが、警察沙汰にするような大きな金額でもないし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。

通販を名乗る荷物が突然届いた場合は、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。

選ぶ蟹を間違えると蟹の良さを十分に堪能することはできないでしょう。

美味しいカニを味わうために、正しい選び方を知っておく必要があります。

美味しいタラバ蟹を見極める方法は、留意する点は重さをみることで、必要不可欠な判断基準です。

その他にも、綺麗な甲羅は避けて、汚れているもの、そして硬いものを買うことをお勧めします。

多くの方がかにの本場として挙げるのは、北陸地方が目立ちます。

かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、粟津温泉をすすめる方は多く、かに料理と、温泉を追求して全国からその評判を聞きつけた客がこの温泉を訪れます。

粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。

おいしいズワイガニを食べたい方には、満足できる旅になるでしょう。

お知り合いや、お世話になった方に、蟹をお歳暮で贈りたいという需要も増えてきたのではないでしょうか。

ですが、油断は禁物です。

生鮮食品ですから、鮮度が落ちると美味しさも損なわれてしまいますし、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。

最悪の事態を招かないためにも、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。

留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて送ることが、相手に対する思いやりでもあります。