カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにを通販で買うとき、安さだけで選んではいけません。

かにを通販で買うとき、安さだけで選んではいけません。

検品や試食ができるわけではないので、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりというあてはありません。

まずは、業者の信頼性を調べることがかに通販のキーポイントです。

通販でかにを買ったことがないという方は全く暗中模索になってしまいますが、お店の口コミを調べたり、比較サイトを利用したりして安くておいしいかにを食べてくださいね。

ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

土地土地で違いがあり、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。

雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。

それとは対照的に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、わりと、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。

通販で買ったかにを食べるとき、注意してほしいのです。

安く大量に買ったかにを、食べ過ぎるとどうなるか。

通販で毛蟹を大量に購入したことがあり、買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、身体が冷えてくるのがわかりました。

変だねと言いながら、まだ食べていたら、寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。

皆さん、おいしいかにがたくさん手に入っても、食べ過ぎは身体に悪いのです。

少しずつ、味わいながら食べてください。

皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。

それなら、ブランドがついたかになら、はずれなしと考えるそれで失敗はないでしょう。

ブランドがにの目印として、産地や名称のタグがついているでしょう。

特定地域の漁港で獲れたかにであるという保証だと考えてください。

おいしさに自信があるのは当然で、だからこそ自信を持って産地を表示し、一つのブランドを打ち立てたのです。

花咲がにを食べたことはありますか。

根室の花咲漁港が主な産地のかにのようでかにではなく、実はヤドカリだったのです。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなのでかにの一種と言うことで全く問題はありません。

濃厚な身の味わいと食感の良さ、漁獲量が少なくあまり市場に出回らないので、幻のかにの名にふさわしい、かにの一種です。