カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

皆さんはどのかにを食べたいですか。一

皆さんはどのかにを食べたいですか。

一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。

後は、毛蟹も有名ですね。

その名の通り、全身が硬い毛で覆われています。

身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、熱心なファンが数多くいます。

味ならばズワイガニを挙げる方も多くよく知られた種類です。

どのかにも独特のおいしさをもち、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。

かには鮮度が命、という方は、通販でも鮮度を気にしています。

つい最近まで、通販でかにを買うと、新鮮なものはないといわれていました。

それは昔の話です。

加工保存や流通システムの発展はものすごく、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルで新鮮でおいしい品がそろっています。

様々な理由から、どの店舗でも常に良心的な買い物ができるとは限りませんので、くれぐれも評判のいいお店から買ってください。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。

国産と外国産のかに、食べ比べたことがありますか。

タラバガニで比較すると、どこでとれてもまあ同じ味という方が多いのです。

ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるというのが常識になっています。

国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、獲れた地によって味が変わることが知られていて、国内でもそうですから、外国産は味が違うというのも、もっともです。

かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが通の味は、何といっても味噌でしょう。

味噌のおいしさを堪能したいなら、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

味噌は独特の香ばしさで、これぞかに、という固定ファンを生んでいます。

もっとコンパクトサイズのかに味噌で十分というなら、ワタリガニはいかかでしょうか。

脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。

味わいは勝るとも劣りません。