カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、結構な頻度で、後悔する破目に陥ることも珍しくありませんでした。

その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、不味い、身が痩せているなどの不良品のかにを送られるリスクを最小限で抑えるためにどうしたらいいのかを考えましょう。

インターネットを最大限に活用することです。

口コミやレビューを多角的に見て評判の良いところから探せばきっといいお店に出会えるはずです。

ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。

おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。

まず、雌より雄にしましょう。

雌は産卵に備え、栄養分を卵に送っています。

タラバガニを食べる目的とも言える脚の身に栄養が回っているオスで決まりでしょう。

それから、甲羅中央部にある突起の数を数えましょう。

正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、4つしかないのは、実はアブラガニなので、似ていますが別の種類です。

グルメの王道である蟹。

蟹を最も美味しく味わえるのは、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。

私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。

これなら、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。

塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、たちまち美味しくなります。

ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。

ズワイガニの当たりはなく味がよかったとは言えなければそれは気の毒です。

おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。

新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても誰もがおいしいと言います。

すぐに鮮度が落ちてしまうので誤解が生まれるのも仕方がありません。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、かにをおいしく調理するためには解凍に手間ひまをかけるのが正解です。

おいしく冷凍かにを調理して食べるために第一にやるべきことは部屋の中で解凍するのを避け冷蔵庫で解凍することです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、手を抜かず行ってください。