カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

今年も蟹のシーズンがやってきま

今年も蟹のシーズンがやってきました。

蟹通販を利用すれば、いつでもお店で売っているのと変わらない蟹を注文できます。

あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。

しかし、現在では蟹通販を扱う業者も大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、気を付けて選ばないと「ハズレ」を引いてしまいます。

せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。

そのためには、産地直送の業者を選びましょう。

そうすればハズレはありません。

とにかく慎重に選ぶことです。

業者の質により、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。

通販の生鮮食品はどれもそうですが、この種類、この産地のかにと決めてから、ボイルしてあるものか、それとも活かににするかフリーズした方も少なくないでしょう。

これからはこう思ってください。

通販でかにを条件設定するとき選べるなら、何といっても活かにです。

どんな調理をするとしても、その方が今は確実に新鮮でおいしいのです。

厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。

日本でも指折りのかにの水揚げ量を誇る港から直にクール便で届けば安心ですね。

かにを通信販売で購入するのに当たって何を基準にすべきなのか悩む人も多いと思いますが、そんな人にいいことを教えてあげましょう。

これだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。

1番目は当たり前といっては当たり前ですが、産地を措いては他にないでしょう。

産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。

次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことで、更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。

中華料理は数あれど、中でも特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと淡水蟹のうち、中国でもとりわけ揚子江下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

常に市場で扱われており、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、至高の味として多くの人に愛されています。

通販だと、お店で買うのと違って持ち帰る負担がないので大函で買うことができます。

まとめ買いのサービスを利用すれば、多くの通販で大変な値引をしてくれます。

ですから、底値でかにを買いたい方は、一緒に買いたい人をたくさん集めて

かに通販で激安を狙える量の注文をしてはいかがでしょうか。

注意点として、注文の品が届いた後、しばらくはかにを一時預かりしなくてはならないので、十分なスペースはあるか、確かめてください。