カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ズワイガニのうち、特にメスのこと

ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

土地土地で違いがあり、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。

雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。

それに比べて、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、多くは、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。

シーズンになると、大手ショッピングサイトでも、かに通販がびっくりするほどたくさんあります。

通販で生鮮食品を買うのをためらう人もいます。

どこが良いか心配な人が多いのもうなずけます。

おいしいかにをネットで一から探すのは大変、という人には、テレビでかに通販のチェックを勧めます。

かにだけではありませんが、テレビ通販の商品は質の良い品を全国に紹介していることが多く失敗のない品だと考えてください。

支払いや返品も含め、通販初心者でも安心して買えます。

ただし、ネットより多くの人が見ているので、いいものは売り切れ必至です。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。

ズワイガニを一度味わってしまえば、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。

ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。

脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。

蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。

通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

安く大量に買うと、危険なことがあるのです。

おいしそうな毛蟹がたくさん手に入り、彼女と二人で、喋る間もなく食べているとぞわぞわと妙な感じがしてきたのです。

おかしいと思いながらも食べ続けたところ、寒気は収まらず、震えだしてしまいました。

あのときのかには本当においしかったのですが、かには身体を冷やすことがあります。

少しずつ、味わいながら食べてください。