カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。

お知り合いや家族に、産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。

しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。

蟹は新鮮さ命です。

鮮度が損なわれれば、当然味も落ちることにつながりますし、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。

そのような危険を冒さないためには、鮮度や品質を大事にしている店かどうか、入念に確かめましょう。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するべきなのは言うまでもありません。

かにはどうやったらおいしく食べられるでしょうね。

一度焼きがにを召し上がってください。

殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しください。

焼きがにでは解凍が重要です。

水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。

4時間以上冷蔵庫に入れておいてください。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。

水分が残っているからおいしいので、焼きすぎは禁物です。

かにを食べたい時、かに通販が品質、価格の面で圧倒的に便利だとは知っていますが、多くのお店があって、取り扱うかにの豊富な種類には驚かされます。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

誰か助けてと言って丸投げしてしまいましょう。

でも選び方はいたって簡単です。

人の尻馬に乗ってしまうことです。

つまり真似っこをすればいいのです。

もちろん、失敗もありえますが。

そんなことぐらいなら考えれば誰だってわかると思うかもしれませんが、その点を押さえるだけで結果が変わってくるのです。

分かりやすいランキングや比較サイトなどを参考にしてもいいと思います。

ただ鵜呑みにせずにあくまでも自分で判断しましょう。

人気ばかりがものさしではないので、何回も買っていれば自ずとランキングに無関係な自分なりの基準が見つかるなど、それぞれにあったかにの楽しみ方ができるでしょう。

かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。

おいしく茹でるにはこれからは、塩を入れたお湯で茹でてください。

塩分は濃くしないことを心がけて、塩が入っているくらいの塩分で十分です。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。

鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。

関節などに汚れがついているので、軽く洗っておくと衛生的ですね。

かなり多くの方が、食べ放題の蟹といえば不味いものの代名詞であるという印象をお持ちかもしれません。

確かにそういうところもありますが、全てがそうではありません。

食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。

食べ放題といっても、名産地の旅館や蟹専門店のコースなら、水揚げされたばかりの美味しい蟹をふんだんに振る舞ってくれます。

とはいえ、本当に極上の蟹を味わいたい方は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せることを推奨します。