カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

おいしいタラバガニを選びたい方、注意し

おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。

選べるなら、オスの方がおいしいのです。

雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニを食べるときにぜひ味わいたい脚のおいしさを考えるとオスおいしいことは明らかです。

さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてください。

突起が全部で6つあれば、間違いなくタラバガニです。

4つしかないのは、実はアブラガニなので、違う種類を買わないよう用心してください。

今はもっぱら、かに通販でかにを買って良かったという流れになっています。

それも当然でしょう。

今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、全国の水産業者から直に購入できるためです。

最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、もう、かにが食べたくなったら、ちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくまずはかに通販、が当たり前になっています。

今も昔もご馳走の定番といえば蟹ですよね。

最近は、蟹通販を使えば、北海道や山陰などの名産地から新鮮な蟹を取り寄せることが可能です。

勿論、注意すべき点もあります。

蟹通販の業者は数が多く、業者ごとに価格や送料、配達可能地域などの条件も違うので、少しでもお得な業者を選びたいものです。

即断せず、丹念に通販サイトを見比べていけば、中には他より大幅に安い業者もあります。

安いお店で蟹を通販する際には、レビューを参考にするなどして、蟹の新鮮さや業者の信頼性を入念に確かめておきたいものです。

一般的な活かにのさばき方は、まず、洗って真水に30分くらいつけます。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。

外したところで現れた黒いものをきれいに除き、やっと現れたかに味噌を取りのけます。

脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。

このとき切れ目を入れる、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。

コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも多いのに気づいた方もいるでしょう。

これは、殻をむいて中身を集めたと考えてください。

むき身のかにだといえます。

みんながすぐに食べられるのは嬉しい話ですし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、実質的な身の量を考えると安いというのも、高く評価したい点です。