カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹の旬がいよいよですね。私が毎年

蟹の旬がいよいよですね。

私が毎年心待ちにしている季節です。

何より蟹が大好きな私。

新鮮で美味しい蟹を味わうために、北海道に旅行するのが、毎年この時期の習慣です。

中でも気に入っているお店は、旧知の知り合いが経営する、道南・函館市の蟹料理専門店です。

ここは本当にお勧めです。

そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理が、これでもかとばかりに出てきます。

私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。

かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、まずは「焼きがに」が絶品です。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

冷凍品の場合、解凍にはコツがあります。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。

半日くらいかけるのが理想です。

半解凍になれば包みを解き、殻付きで焼くと、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。

調理前の冷凍かには丸ごとのことが多く、外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍に手間ひまをかけるのが正解です。

おいしく冷凍かにを調理して食べるために必須なのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫で時間をかけて解凍することです。

これをきちんと守れば差は歴然なので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。

通販で買えるかにの中でもタラバガニの人気は衰えないのですが、ちょっと注意しましょう。

アブラガニをご存じでしょうか。

タラバガニにそっくりな見た目で、素人目には見分けがつかないそうです。

タラバガニと紛らわしい表示で、アブラガニを掴まされたトラブルも起きているので、他の食品と同じくお店の評価もしっかり確認してください。

蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、存在感のある味なので、世界中に知られた高級食材です。

チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で生息地域は案外広いのです。

高級食材の割には、何でも食べるので侵略的外来種扱いを受けています。

養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため生体の輸入だけでなく、取引全体を制限をかけている国もあります。